KoLe Shikoku, Japan

excellent items from Shikoku Japan to the world

Internship news internship2020 news

Behind the scenes – その時、舞台裏では…

On our Instagram, until 2021-Jan-15th, what you see are only what our talented interns created. Like any other exhibitions or art show, I would like to write background of those wonderful creations as a brochure you get at museums or art galleries.
KoLeのインスタグラムでは、2021年1月15日まで投稿されるのは、有能なインターンが制作したものだけ。いろんな展開や個展同様、今回は、作品の背景について書いて行こうと思う。そう、美術館やアートギャラリーで手に入るパンプレットのように。

INDEX/目次

Behind the scenes / 舞台裏

The basic assignment they were given
彼女たちが与えられた課題

The limited environment they faced
彼女たちが置かれた制限のある環境

Ly-san: Promoting Kagawa to Vietnam
リーさん:ベトナムへ香川県をPRする

Linh-san: Promoting KoLe’s products & service
リンさん:KoLeの商品とサービスをPRする

Curator / Instructor note
キュレーター兼指導員メモ


Behind the scenes / 舞台裏

The basic assignment they were given
彼女たちが与えられた課題

On this assignment, they were put to the hypothetical situation. They were asked by the hypothetical client (me) to create posts for her. The client has a business Instagram account but hasn’t been able to get around to run it.
この課題で、彼女たちは「仮定した状況」に置かれていました。彼女たちは仮定のクライアント(私)にインスタグラムの投稿作成を依頼されます。そのクライアントは、インスタグラムのビジネスアカウントを持っていますが、それを運営するまで手が回りません…という状況。

  • the client wants 10 posts from each. (5 posts x 2 version)
    10件(5投稿×2バージョン)の投稿を作ってほしい
  • the client wants to find effective #tag for her business
    クライアントのビジネスに有効なハッシュタグを探してほしい
  • the client wants to get traffic from outside of usual social circle
    いつも交流している人々の輪のそとからのトラフィックも欲しい
  • the client is hoping to reach 100 followers
    フォロワーは100までは届かせたい
  • the client has a few promoting theme for them to choose from
    PRするテーマはクライアントが用意した
  • the client gave some information on service and target market
    クライアントからは、ターゲット市場やサービスについての説明はあった
  • the client has her own ideas but she is open for suggestion
    クライアントなりのアイディアはあるが、提案は前向きにきいてくれる

We also went through the usual work flow of “being contacted and consulted by the client”, “having meeting to ask more questions to the client”, “decide the theme, research & plan”, “prepare proposal presentation”, “give the proposal presentation to the client”, and “answer the question from the client” then “get approval on their idea from the client”, “create & deliver” within 12 days.
さらに、オーソドックスな仕事の進み方である「お客様から相談のご連絡をいただく」「詳細をお客様に伺いにいく」「テーマを決めてリサーチを行いプランを決める」「プレゼンの準備をする」「プレゼンをお客様に見ていただく」「お客様の質問に答える」「お客様から進める許可をいただく」「制作&納品」を12日間でやり遂げました。

Linh-san’s Proposal Presentation
リンさんの提案プレゼンテーション
Ly-san’s Proposal Presentation
リーさんの提案プレゼン

You can check how they have coped these 12 days from their daily blog.
彼女たちがこの12日間をどのように、進んできたかは、彼女たちの日記ブログでご覧いただけます。


The limited environment they faced
彼女たちが置かれた制限のある環境

There are quite tough environment they were put for such creative work, due to the condition of being online-internship provided by third party which means we had to work with equipment & space they were given, and condition of us being in Hanoi and Takamatsu, as well as the situation I intentionally put. As well as they put themselves into some limit.
このようなクリエイティブなタスクにしては、とても厳しい環境に置かれた彼女たち。このオンライン・インターンシップは自社で提供しているものではなく、国の事業であることから、与えられた機材と環境で作業をしなくてはならないこと。彼女たちはハノイ、私は高松市という環境に加え、私が意図的に加えた負荷がありました。さらに、彼女たち自身で制限を設けたものもありました。

  • 4 hours a day /一日4時間
  • we do not send product samples to Hanoi.
    ハノイに商品サンプルは送らない
  • they can only use the photos they were provided by us.
    私から提供された写真素材のみを使わなくてはならない
    *it means, they cannot take new shots of products sample.
    つまり、新しく商品写真を撮ることはできない
    *also means, even if they want, the new photo which is out of season cannot be taken. New photo will be only taken in winter.
    それに、新しい他の季節の写真が欲しくても、撮ることができない。新しく撮る写真は全て冬の写真になる。
  • they decided not to use Adobe Illustrator or Photoshop.
    彼女たち自身で、イラストレターとフォトショップを使わずにやると決めました。
  • Also they faced challenges that caused because of the theme they chose.
    他にも、選んだテーマが故の試練もありました。

Ly-san: Promoting Kagawa to Vietnam
リーさん:ベトナムへ香川県をPRする

Research Ability & Culture knowledge.
リサーチ力と文化知識。

Her major is Japanese language.
日本語学部
She has experience in Digital Marketing.
デジタルマーケティングの経験あり
From Vietnam
ベトナム出身

>> Read her articles /彼女の記事を読む

She had to market the service which has not launched yet.
まだ始動していないサービスをPRしなくてはならなかった

The theme she chose was to promote Shikoku island or Kagawa prefecture. This is the part of promoting our upcoming service to foreign tourists who visit Kagawa or Shikoku island. Although the service is under the preparation, we, as in KoLe, need to keep showing the greatness of our location.
彼女が選んだテーマは四国島か香川県のPR。これは、実は現在準備中のインバウンド・サービス。まだ、準備中ではあるもののKoLeとして、私たちのロケーションの魅力は伝え続けなくてはならない。

The market potential unknown to KoLe, Vietnam.
KoLeにとってはポテンシャル未知数のベトナム

Originally, we were not considering Vietnam as a target market, jut yet. However, since Ly-san joined us, we thought it is one opportunity to see if we have any chance in Vietnam. Therefore, KoLe side had no data or information on Vietnam. Which means, even if I want to help her we could not because Ly-san knows better.
ベトナムは元々KoLeのターゲット市場リストにはまだ入っていなかった。しかし、リーさんが加わってくれたことで、可能性をさぐる良い機会なのかもしれないと考えた。つまり、ベトナム市場についてのデータも情報も、KoLe側には全くない。つまり、私が助言や手伝いをしてくても、できない、なぜなら、彼女の方が担当市場のことを良く知っているから。

A little useful information with “To be continued” tactics.
少しの便利な情報と「つづく」戦法

From her market research, Japan is one of the most popular holiday destination for people in Vietnam. She created posts text in Vietnamese and Japanese. What I must mention on her posts is “A set of post is one travel article with useful information”. 3 posts are 1 set of her post. She puts each post different message. From 1st post to 2nd post, the story continues that makes you want to read next one. Also she uses the feature of Instagram which you can flip photos to see a few photo in one post. So, all one set of her post is a little travel booklet in your smart phone! I truly hope that you enjoy the world of her travel booklet as much as I did.
彼女のリサーチ結果から、日本はベトナムの人々にとって、人気の海外旅行先の上位に入ることが分かった。彼女は投稿のテキストをベトナム語と日本語で表記する。彼女の投稿で特記すべきは、「セットになっている投稿が役立つ情報の入った旅行記事」になっていること。3つの投稿で1つのセットになっている。それぞれの投稿に彼女は違うメッセージを入れることを選んだ。1番目の投稿から2番目の投稿は、話が続いていて、次の投稿を読みたくてたまらなくなる。そして、1つの投稿で複数の写真を見れるインスタグラムの機能も活用していることから、彼女の1セットの投稿が、スマートフォンの中の小さなガイドブックになってる!私が心から楽しんだように、あなたも気に入ってくださると思う。

Ly-san’s post schedule / リーさんの投稿スケジュール

1st Set / 第一弾
2020-Dec-20, 2020-Dec-21, 2020-Dec-22

2nd Set / 第二弾
2020-Dec-26, 2020-Dec-27, 2020-Dec-28

3rd Set / 第三弾
2021-Jan-1, 2021-Jan-2, 2021-Jan-3

4th Set / 第四弾
2021-Jan-7, 2021-Jan-8, 2021-Jan-9

Final Set / 最終回
2021-Jan-13, 2021-Jan-14, 2021-Jan-15


Linh-san: Promoting KoLe’s products & service
リンさん:KoLeの商品とサービスをPRする

Wild Thinker with Delicate Visual
ワイルドな思考とデリケートなヴィジュアル。

Her major is Visual Communication & Asian Studies
ヴィジュアル・コミュニケーションとアジア学を専攻
She has experience rebranding a coffee shop.
コーヒーショップの再ブランディングの経験あり
From Vietnam
ベトナム出身

>> read her articles / 彼女の記事を読む

She had to think the already existing images of KoLe
既にあるKoLeのイメージを考慮しなくてはならなかった。

This is probably the situation designers want to avoid. Going in the place where already is a main designer and already sat tone of brand, still being asked to create something that the main designer won’t usually go for. It could be challenging. She could take either way. But still it had to be her piece, not copy of main designer. This might sounds not a big deal for people never have done this type of work, but it could be head wrecking matter.
彼女の置かれた状況は、グラフィック・デザイナーなら、できれば避けて通りたい状況。既にメインデザイナーの居る場所で、既にある程度のブランド・トーンが確立しつつある状況に入り、なおかつ、メインデザイナーが普段作らないようなものを作れと言われる。これは…試練。彼女はどちらの方針もとれる。しかし、いずれの方針をとったとしても、彼女の作品でなくてはならない。メインデザイナーのコピーでは許されない。これは、このタイプの仕事をしたことのない人には、大したことではないと感じるかもしれないが、頭痛のタネに十分なりうる。

No access to usual tools, Not allowed to direct base image.
普段の道具を使えない、素になる画像をディレクションする権限もない。

It is not a tool in the way, yes but still it is the tool. For her not being able to access her usual tools and equipment must have been stressful. Usually, visual creators today have access to Adobe Illustrator, Photoshop and Premiere Pro. But non of them were available. Also not being able to direct, produce or take photos which become main & base of Instagram post would have been quite challenging. Because, usually for this type of gig, photos are taken for its own usage. But she had to use the photos taken for other proposes.
道具ではない、いくばくかは、しかし、それでもやっぱり道具。彼女がいつも使っているソフトや道具を使えなかったことは、かなりストレスだったに違いない。最近では通常、多くのヴィジュアル・クリエイターは、アドビのイラストレーター、フォトショップ、プレミアプロを使っている。また、投稿の軸となる画像を監修することも、撮影することもできなかったのは試練だったと思う。通常は、このような仕事では「その目的のために」写真を撮る。しかし、彼女は誰かが他の目的のために撮った写真のみを使うことを強いられていた。

Wildly 3 in 1, set the tone with delicate taste.
ワイルドに3つで1つ、トーンを統一し、デリケートなイメージに。

Her approach started from very specific “who are we delivering it to”, due to the theme she picked. We are very aware that our products are not for everyone. These products are for the ones who can share the sense of beauty and appreciation of what human can create by hands, with us. Then she sat the tone towards what she is telling through the series of her posts. Posting 3 posts as 1 set came from her. This idea worked very well to set different taste from what I usually create. It takes large enough space to catch your eyes but because of how she treated images, it kept our brand mannerism in somehow. The text she wrote for each series also content same tone as the visual. Informative yet not pushy at all. It is like gently placing note for you on your desk. I find what she created shows what I find beautiful in my own culture.
彼女のアプローチはとても詳細な「誰に届けるのか」から始まった。それは、彼女が選んだテーマに起因する。私たちの扱う商品は、万人向けではないことを私たちはよく理解している。これらの商品は、私たちと同じように美しさと生身の人間が手仕事で作れるものを愛でる人々向け。彼女がシリーズを通して伝えることに、色のトーンを合わせた彼女。3投稿で1セットというアイディアは彼女から出た。このアイディアは、私が普段つくるものから、完全に違う世界を作ることにとても役立っている。丁度良いスペースを取ることで、目を惹くものの、彼女が施した画像処理のおかげで、KoLeらしさは不思議と残っている。シリーズ毎に用意されたテキストも、彼女の作った画像のトーンにマッチしている。十分な情報が載っているのに、押しつけがましくない。まるで、あなたへのメモをそっとあなたのデスクに置いていくような感じ。彼女が作った全体的な印象が、私が日本の美しいところだと思う部分とリンクしているから不思議だ。

Linh-san’s post schedule / リンさんの投稿スケジュール

1st Set / 第一弾
2020-Dec-17, 2020-Dec-18, 2020-Dec-19

2nd Set / 第二弾
2020-Dec-23, 2020-Dec-24, 2020-Dec-25

3rd Set / 第三弾
2020-Dec-29, 2020-Dec-30, 2020-Dec-31

4th Set / 第四弾
2021-Jan-4, 2021-Jan-5, 2021-Jan-6

Final Set / 最終回
2021-Jan-10, 2021-Jan-11, 2021-Jan-12


Please visit our Instagram account and give their work “like” if you like what you saw. We recommend to follow the account not to miss their posts.
どうか、KoLeのインスタグラムを訪れて、お気に召したものがありましたらリアクションをしてやってください。
見逃さないためにも、ぜひ、アカウントのフォローを。


Curator / Instructor note
キュレーター兼指導員メモ

Who would thought, one of my thought of “Cannot I do art show or exhibition type thing using Instagram?” becomes true, this way!? Yes this is a part of Social Media Marketing Internship, but, look at what they have done! Do they look like “Advertising” or “Commercial”? NO! And that suits our mannerism. I forgot pointing that out to them but they managed it!
インスタグラムを使って展覧会や個展みたいなことをできないかなぁという構想がこんな形で実現するなんて、思いもしませんでした。そうです。これは、SNSマーケティングのインターンシップです。だけど、彼女たちが作り上げたものを見てください。「広告」や「宣伝」に見えますか?いいえ!そして、それはKoLeの雰囲気にピッタリなのです。そこを彼女たちに伝えるのをすっかり忘れていましたが、なぜか彼女たちはやってのけました。

I believe ART is the form of experiment to pursue your curiosity and ART pieces are the products produced along the journey. They both have pursued the possibility of Instagram and they expressed what they can put out the most under the condition they were placed. And the contrast of individuality is just wonderful!
私が思うに、アートとは、好奇心を追求するための実験で、作品とはその過程で出来たモノ。2人とも、インスタグラムの可能性を追求し、制限の多い環境下で出せる全てを出しました。そして、2人の個性のコントラストこそ素晴らしいとは思いませんか!

As a head curator of KoLe, it was quite honor that to my first Instagram design show was them exhibiting their work.
KoLeのキュレーターとして、私の最初のインスタグラムでの、デザイン展が彼女たちの作品で、とても光栄です。

As a Instructor of this internship, I cannot be more proud of them. I would like them to focus on what they could do in the limited situation. But at the same time, I don’t want them to get too satisfied with what they have done this time. Because their potential and limits are way more above than that. Stay hangry for improvement, get prepared yourself, to become yourself the one who can grab the chance of your dream when it flew by your face even with a set of chopsticks.
インターンシップの指導員として、これ以上彼女たちを誇らしく思うことはありません。限られた条件の中で、どれだけのことを自分たちが出来たかをしっかり振り返ってほしいと思います。と、同時に、現状に甘んじすぎてもほしくありません。なぜなら、彼女たちの潜在能力はもっともっと高いところにあります。成長に貪欲でありつづけ、夢を叶える大きなチャンスが目の前を飛んできたとき、お箸でそれを掴めるくらいの自分になれるよう準備を重ねていってほしいと思います。

SATOKO


返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です