KoLe Shikoku, Japan

excellent items from Shikoku Japan to the world

instructor note Internship news internship2020 news

Talking about DESIGN is FUN! デザインについて語るって楽しい!

Hello, Me again, Satoko the instructor. Same as yesterday, Linh-san and Ly-san were finishing up their article that I am writing the daily blog instead of them. And, I have a question to you!
こんにちは、また私です。インターン指導員のSATOKOです。昨日と同じく、リンさんとリーさんは記事の執筆をしていたので、今日も私が代わりにブログを書きます。で、あなたに質問があります。

What excites you the most in your everyday life?
日々の生活で最もワクワクすることは何ですか?

Today, both of them remind me what excites me the most. What I love.
今日、2人に私が何にワクワクするか、何を好きか思い出させてもらいました。

During the first half of our internship, I did not interfere their creation. But this last half, I will be involving their production more. Today they have finished writing interview article early. So, we had plenty of time to start briefing on one image they are creating for the interview article.
前半のインターンシップでは、彼女たちの制作に干渉しませんでした。しかし、この後半では、彼女たちの制作に関わっていきます。今日は2人とも記事を随分早く書き終えたので、彼女たちが明日制作する記事に使う画像についての打ち合わせをじっくりする時間がありました。

Linh-san studies visual communication, so with her, what to talk about the image naturally become more technical. The assignment they were given is to create a image with letters. The assignment has 2 elements, image and letters. The purpose of the image is grabbing the expected readers eyes. Looking pretty does not necessary do the job, catching people’s eyes. But hence the type of business we are, catching attention by shocking, ugly, or messy visual is not acceptable. It was fun talking about what we could do together.
リンさんはビジュアルコミュニケーションを専攻しています。なので、彼女と画像の話をするとなると、自然と専門的な話になります。彼女たちに与えられている課題は文字をレイアウトした画像をインタビュー記事のために制作すること。この課題には2つの要素があります。画像と文字。画像の目的は、想定している読者層の目を惹くこと。綺麗な見ためが必ずしも(想定している読者層の注意を惹くという)役割を果たすとは限りません。かといって、KoLeがKoLeである以上、ショッキングだったり、醜かったり、乱雑だという見た目で注意を惹くことは許されません。どんなことが可能かを一緒に話し合うのはとても楽しかったです。

Ly-san is not major in art or design, but it doesn’t mean that she cannot design or create things. She always have brilliant idea which something won’t be in my lists of idea. There is always a blind spot because you live in a specific world too long, in any genres. Working with Ly-san is like she puts light on my blind spot with a flashlight for me. Her idea was quite interesting. I would not usually go for but I genuinely would love to see that. What Ly-san and I talked about was color. Colors are really troublesome element. There are uncountable combination exist. But certain colors tell certain message. I’m looking forward to see what colors she will pick tomorrow.
リーさんはアートやデザインを専攻していませんが、だからって、彼女がデザインしたり何かを制作出来ないわけではありません。彼女はいつも、私のアイディアリストにはない、興味深く良いアイディアを出してくれます。どんなジャンルにおいても、その世界に長く居すぎると、死角が産まれます。リーさんとの活動は、そんな私の死角を彼女が懐中電灯で照らしてくれるようだと感じます。今回のアイディアもなかなか興味深いですよ。普段の私ならやらないことですが、ぜひともどうなるか見てみたいと純粋に思うのです。彼女と話したのは「色」について。色はほんとうにヤンチャな要素。無数の組み合わせが存在して、しかも、それぞれの色が何かしらのメッセージを語ります。彼女がどんな色を明日選ぶのか楽しみです。

I am also greatly effected by them.
私も彼女たちから多大な影響を受けている。

Ever since I have started working with them, I have started noticing some slight change. I have been noticing some change in me. It is so hard to explain it with words but I can see what I create has changed a bit. I think I am influenced by them.
彼女たちとの活動が始まってから、私の中でも何かが変化しつつあることに気づき始めました。どのように、何がかを言葉に表すのは難しいのですが…自分が創るものに変化が出始めたことに気づきました。きっと彼女たちからも影響を受けているのでしょう。

Today, we had chance to talk about design, it was surprisingly fun for me. I do what I do because I love doing it, I know. But it was kind of re-recognition of it.
今日、デザインについて話す機会をえて、意外にもとても楽しかったのです。自分の仕事は自分が好きだからやっている仕事ですが、今日はそれを再確認させてもらった気がします。

#6

#7>