KoLe Shikoku, Japan

excellent items from Shikoku Japan to the world

interns Internship news internship2020 news Linh

Do what you love & Love what you do 好きなことをやれ&やることを好きになれ

The daily blog, our interns will write. インターンが手掛けるデイリーブログ。
The English shown here is as she wrote. We only added Japanese translation.
英語は彼女が書いたそのままを表示しています。日本語は編集部で翻訳したものです。



Everything will be okay in the end, if it’s not okay, it’s not the end”!~
最後にはなんとかなるし、なんとかならくても、この世の終わりじゃない

Despite a terrible traffic (as usual), together with a horrible weather, and a messy sleeping schedule, I found two sparks of joy and realization at work:
酷い交通渋滞(いつも通りですけど)、ひどい天気に、不規則な睡眠にも関わらず、インターンシップで今日は2つの閃きを得ました:

  1. Finally, I grasped what Satoko-san means when she recommends me to change my writing style for this daily blog. Initially, I thought that we were supposed to write as if we were promoting this internship with our host company. And yes, we should and I did. But at the same time, I forgot about what Satoko-san had told us about “writing about us and promoting us.” For the first few blogs, I totally forgot to show me and my personality, which also shocked me because if you know and follow me on social media, I am who I am in real life and always try to not show off my personality, but actually use social media and writing as a way of self and thought expression. Writing has always been my healing mechanism so I will do this daily blog in such way from now on.
    日記ブログのスタイルを変えてみることをススメてくれたサトコさんの真意をやっと把握しました。当初、私たちは受け入れ企業側としてこの会社のインターンシップをPRするために、このブログを書くのだと思っていました。そう、その点は間違っていなかったし、そうしていました。しかし、それと同時に、サトコさんが最初に「自分たちのことを書いて自分自身のことをプロモートしなさい」と言っていた部分を忘れていたのです。最初の方のブログでは、自分の個性を出すのをすっかり忘れていました。それに気づいてショックを受けた私。なぜなら、私を知っていて、私のSNSをフォローしていたら分かる通り、実生活の私は私で、あまり自分の個性を見せびらかしたりしません。しかし、よく考えてみると、SNSや執筆で、自分らしさや考えを表現しているのです。文章を書くことは今までも私にとって癒しのメカニズムでした。なので、これからは、その方法で書いていきたいと思います。

  2. More importantly, today, as I was working on the visual parts of my promotional task, I stopped and actualized how I really loved my “job.” As in my career path and its characteristics of being able to work with visual elements, colors, texts, arrangements, hierarchy, and more… As I was playing around with the arrangement of different photos that will soon be posted on our Instagram, I realize why I keep pushing myself even though yes, working as a visual communicator is hard, especially when I do not have any artsy trait in my blood; yet, I just… like, enjoy, and feel excited when trying things out in terms of how it should look and what can appear interesting.
    もっと重要なことは、今日、SNSプロモーションの画像を作っていた時に、自分の「仕事」を自分がどれだけ好きかを発揮させたと立ち止まりました。私の経歴と、視覚要素、色、文章、アレンジメントや階層そしてそれ以外のものを活用できるその仕事の特性…もうすぐKoLeのインスタグラムに投稿される画像を編集したり様々な写真のアレンジを考えていたりしていて、どうして自分がOKをもらったものでも、さらに自分を追い込んむのか気が付きました。自分の血にアーティスト的なものをもたずに、視覚コミュニケーターとして働くのは大変です;それでも、ただただ純粋に、成果物の見た目がどうあるべきか、どうやれば興味深く見えるか色々試すのが、好きだし、楽しいし、ワクワクするからです。

Here’s to more effort in the future!
ここからもっと頑張っていこう!

【Editor note to translate what photo says in Japanese】
この投稿の一番上にある写真には、画家ゴッホの言葉で、「小さなことの積み重ねによって成し遂げられるのだ」と書いてあります。


Support Linh from here / リンさんの応援はこちらから

Leave positive reaction on her blogs and posts on KoLe social media.
彼女によるKoLeのSNSでの投稿に、ポジティブなリアクションをすることで、彼女を応援できます。

#kole_internship_2020
#blinh

All posts relate to her has those 2 #tags above. So don’t forget follow the #tag!
彼女に関する投稿は全て上の2つの#タグが付きます。この2つの#をフォローするのを忘れずに!


comment from the instructor
指導員からのコメント

I have been gazing this “comment from the instructor” section blank for a good while now…because…Have you ever had experience, reading someone writes about what you organized or created and become speechless with the filled up emotion of deep appreciation and feeling of “I might be doing something meaningful …” all combined? There are a lot I would like to share with readers but at the same time, I want to keep it just to myself because it is too precious. “Something has clicked in her, AGAIN” that was my impression of her today. She is evolving, everyday, week after week…I wonder how she evolve by the end of this internship. And I wish I could provide her the usual visual application she uses.
もう、かれこれ、ずいぶん、長い間、この指導員からのコメント欄が空白なのを眺めているのです。なぜか?あなたは今までに、自分が準備したことや作ったものについて、誰かが書いた文章を読んで、深い感謝の念と「もしかしたら、私は何かの役に立っているのかもしれない?」と思う気持ちがまじりあって、どんな言葉を発していいかわからない、という気持ちになったことはありますか?たくさん読者の皆さんと共有したい一方で、大切すぎて自分だけでとどめたい。「彼女、何かまたスイッチが入った」という印象を今日のリンさんから感じました。リンさんは、毎日、毎日、毎週、毎週、進化しています。このインターンシップの終わりにはどんな進化を遂げるのでしょうか…彼女がいつも制作に使っているソフトなどの環境を整えて上げられたらよかったのに…と思う今日この頃。


返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です